がん3人に一人が亡くなる時代です!
がんについて考えてみましょう

スポンサードリンク

俳優の村野武範さんが咽頭ガンで余命宣告を受けていた

俳優・村野武範さん。
劇団「文学座」を経て、日活の巨匠・藤田敏八監督がメガホンを執った名作「八月の濡れた砂」や青春ドラマ「飛び出せ青春」で主役を演じました。

また、1975年6月に始まったフジテレビの人気番組「食いしん坊!万才」の第7第目リポーターにも抜擢され、617回の出演回数を記録しました。

最近はテレビで見かけることも少なくなったな…と思っていたのですが、佐賀県佐賀市で行われたイベント“リレー・フォー・ライフ・ジャパン佐賀」に飛び入り参加。
2015年の5月に首に小豆大のしこりに気づき、精密検査を受けたところ咽頭癌であることが判明したそうです。


「医者から告げられた癌のステージは4。余命いくばくもないことを告知され、このまま死ぬんだと思った」と語った村野さん。

それでも、奥さんがいろいろ調べてくれた陽子線治療を約1ヵ月半にわたって受け、末期がんより生還。現在のところ転移や再発はなく、定期健診を受けている状態だそうです。


高度医療である陽子線治療が功を奏し、村野武範さんは無事に復帰できたわけですが、それにしても一時は「余命いくばくもない」とまで宣告されたがんを克服した村野さん。

イベント会場では「あきらめなければ、いい道はある」と呼びかけたそうです。







Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。