がん患者や家族にとって、看護師は良き相談相手

◆看護師には何でも話すようにしましょう

主治医といえど、ドクターはなかなか患者に付いていることができま

せん。一方、看護師は忙しいなかでも入院患者の食事から排泄、歩行

補助、体位交換、体温・血圧の測定など日常のケア全般をサポートし

てくれ、患者と実際にふれあう機会も多く、病状や患者の気持ちを理

解してくれやすい立場にあります。

多忙ななかでも、現場で患者の世話をする看護師ですが、「患者さん

から頼られ、何でも相談してもらえてうれしかった」「主治医と患者

さんの円滑なコミュニケーションをサポートできて良かった」という

声が上がっているのも事実です。

入院して日も浅い場合には、看護師へいろいろと相談したり、何かを

頼んだりすることはむつかしいと思いますが、少しでも慣れてきたら

積極的に看護師とコミュニケーションを取るよう努めてください。当

然ですが、患者がという命にかかわる病気ということは知っていま

すから、これまでの経験からもきっと役立つアドバイスをしてくれる

はずです。

ドクターには遠慮することがあるかもしれませんが、看護師には少し

甘えてみる気持ちで心の中を話してみてはいかがでしょうか?病は気

からという言葉があるように、気が楽になれば、病にもきっといい影

響が出てくると思います。


◆たとえばこんなことは遠慮せずに相談してみましょう

/瓦涼罎良坩造簀困

看護師は患者本人はもちろんですが、家族ができるだけいい状態で患者

と接することを望み、いろいろな悩みに応えてあげたいという気持ちを

持っています。患者・家族のお互いの接し方や、心の不安感など今の悩

みを吐き出すつもりで看護師へ話してください。

⊆N鼎篌膽0紊箸里海

たとえば抗ガン剤治療をしているが、副作用がきつくて少し休みたいと

か、今後の治療はどうなっていくのか。また主治医からの説明で理解で

きないことがあったので、再度説明を聞きたいけど…というような治療

全般のことなどは、まずは看護師に相談してください。そして、主治医

から説明を受けた方がいいと判断した場合には、主治医へ取り次いでく

れるはずです。

B牘仝紊涼躇媚項について

一時的な退院にせよ治療が終了しての退院にせよ、しばらくは日常生

活のなかで注意しなければならないことがいくつかあります。たとえ

ば胃がんの手術した人は、食後30分以内あるいは食後2〜3時間ご

ろに冷や汗・動悸・めまい・しびれ・失神など特有の症状が出現する

ダンピング症候群に悩まされることがあります。こうした症状を予防

緩和するためのコツを聞いておくことはとても大切です。主治医から

退院後の注意事項について話がなかった場合には、ぜひとも看護師へ

尋ねておきたいものです。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。