がん、家族も闘っています

健康と医療 - livedoor Blog 共通テーマ
がん、家族も闘っています

◆がん家族の悩み、苦しみ

これまで喜びも悲しみも共有してきた家族の誰かが、突然ガンになったら…。本人はもちろん家族にとってもそのショックは余りに大きなものがあります。
私の妻が胃がんになったとき、長男が小学校6年生、二男が4年生でした。子どもたちを動揺させるべきでないと夫婦で話し合い、言わないでおこうということになりました。

そして、手術日には親戚に子どもたちの世話を頼み、当日は私と義父母と義弟で成功を祈りました。退院後も子どもたちには癌であったことは話しませんでしたが、長男はなんとなく気づいていたようです。
最初の手術から3年ちょっと、再発か原発かは不明でしたが今度は卵巣癌の疑いを持たれ、今度は大学病院へ入院・手術。このときには、子どもたちを連れて行き、母親が手術室へ入って行くのを見送らせましたが、「もしかしたら、癌かもしれない」とは言えませんでした。

幸運にも良性の卵巣腫瘍でしたが、最初の胃がんがリンパ節へ飛んでいたこともあり、まだまだ気の抜けない毎日が続いています。最初の胃がんが判明した際には、夫として、また父親として弱音や悩んでいるところを妻や子どもたちに見せるわけにはいかず、孤独感にさいなまれ、精神的にかなりのストレスを抱え込みました。

がんに限らず、難病患者を持つ家族は本当に大変です。いま思えば、患者の会や看護師さんたちにいろいろ相談すれば良かったと思いますが、当事の私にはそんなことすら考える余裕はありませんでした。


◆がん家族のケアも必要

ガンや難病に悩み苦しむのは患者だけでなく、患者を支えようとする家族も同じです。個人的なことを医師や看護師に相談するにはためらいがあり、また心を許して話せる人がいない場合、その心理的ストレスは決して少なくありません。
もしも、患者が入院したり治療を受けている医療機関に、家族をカウンセリングしてくれるセクションがあれば、どれだけ救われるでしょうか。
患者の治療はもちろん、家族へのケアがあるサポートも癌患者が増加しいている今、求められるシステムではないでしょうか。

スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。