がんの痛みは、病状の進行とともに大きくなります

健康と医療 - livedoor Blog 共通テーマ

がんが他の病気とちがって恐れられるのは、転移再発することと病気が進行した場合に起こりやすい激しい痛みがあるからだといわれます。
比較的早い段階でもがん患者の約1/3に痛みが発生し、末期がんになると約2/3以上に痛みが現れるといわれ、その痛みは不眠や食欲低下を招き、クオリティオブライフを著しく損ないます。
この頃ではがんの痛みを和らげる薬が開発され、ほとんどの痛みをコントロールできるまでになっているようですが、一部にはまだ鎮痛薬やがん疼痛への誤解が見受けられるようです。


◆がんの痛みは慢性的な痛み

がんによる痛みは、他の傷病による痛みとは異なり、時間が経てば治るという性格のものではありません。
多くの場合、慢性疼痛と呼ばれる継続的な痛みとなります。我慢していればそのうちに良くなる痛みではなく、放っておけば痛みが増幅する慢性的な痛みです。
そのため、迅速で的確な痛みのコントロールが求められています。

<
b>◆がん疼痛には予防的な発想で対応

がんの痛みは、病気の進行による生理的な影響だけで強くなるのではないといわれます。精神的な状態も痛みに大きく関わっています。
鎮痛薬の量や使い方に問題があり、薬を使用したにもかかわらず、次回の投薬時までに痛みが現れた場合など、薬剤や使用方法に不信感を覚え、また痛くなるのでは…という先入観を自分自身に植え付けることになります。
それが不安を呼び、痛みを増幅させることにつながります。
痛みが起きてから鎮痛薬を使うのではなく、痛みは常にあるという考え方のもとで、痛みが発生する前に鎮痛薬を使うという鎮痛予防的な使用が大切です。


◆がん患者の「主観的な痛み」を尊重する

がん患者が痛みを訴えても、以前は、もう少し様子を見てから投薬を考えようということがありました。
しかし、痛みを感じているのは癌患者本人であり、他の人は伺い知ることはできません。「さっき鎮痛薬を使ったから、まだ大丈夫なはずだけど…」と考えるのではなく、どこがどのくらい痛いのかを患者に聞き、迅速に対処することが大切です。患者の訴える痛みをそのまま受け止め、適切に対処する。
それが、がん患者の痛みを和らげる留意点です。


スポンサー


gion2275 at 15:45│Comments(0)TrackBack(0)clip!がんの痛み 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。