がん患者の苦しみ:呼吸困難

健康と医療 - livedoor Blog 共通テーマ

がん患者の家族を看病しているときに、何よりも辛いと感じるのは、
がん患者が苦しんでいるのを目の当たりにすることではないでしょうか。
による疼痛、全身の倦怠感、食欲不振、吐き気や嘔吐、便秘、不眠、
呼吸困難など、いろいろな症状がありますが、これらは病状の進行とと
もに顕著に現れ、がん患者本人や家族を苦しめます。
今回は、まず「呼吸困難」に焦点を当て、その対処方法についてご紹介します。


◆がん患者にパニックを引き起こす呼吸困難

健康な人であっても階段を急いで駆け上った後などには、なかなか呼吸が安定
せず胸苦しさを覚えるものですが、がん患者の場合「息苦しい」と感じると、
このまま死んでしまうのではないかとパニックを引き起こすことがあります。
それほど、呼吸困難というのは癌患者本人はもちろん、患者を見守る家族に
とっても大変なものです。
充分に呼吸ができない状態は、がん患者に死の恐怖を呼び、それがさらに呼吸
の苦しさを強くするという悪循環に陥る場合が多く、癌の疼痛以上に深刻なダ
メージを与えてしまいます。

◆がん患者が呼吸困難を訴えたら

がん患者が呼吸困難を訴えるにはさまざな原因があります。癌が肺の中まで広
がっている場合や胸に水がたまっている場合など、癌そのものに主因があると
きに呼吸は苦しくなります。
また、全身の衰弱や強い痛み、あるいは放射線や化学療法などによる肺の繊維
化などによって、呼吸困難が引き起こされるケースも少なくありません。
ドクターは、その原因がどこにあるのかを考え、各種の薬剤を使い分けていま
すが、家族としてできることは何があるかを考えてみました。

◎がん患者を安心させる

がん患者の手を握り、やさしく声をかけてあげるだけでも、心は落ち着いて呼
吸困難を和らげることにつながります。
まずは、がん患者の不安を取り除いてあげること。そのために効果的なのがス
キンシップや声かけです。


◎窓を開け新鮮な空気を取り込む

がん患者は、病室に臥せっていると、どうしても「閉じ込められている」とい
う感覚を持ち、それが「呼吸が苦しい」ということにつながるようです。
暖かく天気の良い日などは窓を全開にして、新鮮な野外の風を病室に取り入れ
てみるのも呼吸を楽にしてあげるひとつの手法です。
「風も穏やかだし、天気もいいし…」とでも語りかけながら窓を開けることで、
がん患者の気持ちも開放的になるはずです。



スポンサー


gion2275 at 11:48│Comments(0)TrackBack(0)clip!がん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。