がん患者の呼吸の苦しさをケアする

健康と医療 - livedoor Blog 共通テーマ

がん患者を看病しているときに、何よりも辛いと感じるのは、家族として患者が苦しんでいるのを目の当たりにすることではないでしょうか。
癌による疼痛、全身の倦怠感、食欲不振、吐き気や嘔吐、便秘、不眠、呼吸困難など、いろいろな症状がありますが、これらは病状の進行とともに顕著に現れ、
がん患者本人や家族を苦しめます。
今回も、前回に引き続き「呼吸困難」に焦点を当て、その対処方法についてご紹介します。

◆がん患者が呼吸困難を訴えたら

◎がん患者の呼吸をサポートする腹式呼吸
胸で浅く呼吸をするよりも、ゆっくりとした腹式呼吸は気持ちを落ち着かせる効果も期待でき、精神的に不安定になりがちながん患者には試していただきたい呼吸方法です。
家族が癌患者のお腹に手を当て、息を吐くときに軽く押してあげましょう。そして、息を吸うときには手を離し、お腹が膨らむように息を深く吸えるよう声をかけてください。
最初は慣れないかもしれませんが、何度も繰り返すうちにコツがつかめ、腹式呼吸の良さが分かってくるはずです。


◎がん患者の姿勢を調整
がん患者の姿勢も呼吸と深くかかわっています。
仰向けで平らに寝ているよりもベッドの上部を少し高くして、ベッドの寄りかかるような姿勢が楽だと思います。
身体を少し起こした方が、平らに寝ているよりも肺に空気が入りやすいといわれています。いちばん大切なことは、がん患者本人にどの姿勢がいちばん楽なのかを確認してもらうことです。
椅子や枕、ベッドの起こし加減などいろいろ試しながら調整しましょう。


◎がん患者の1回の食事は少なめに、回数を多くする
胃は横隔膜の下あたりに位置しているため、胃が膨らむと肺を圧迫することになります。そのためたくさん食べ過ぎると胃が膨らみ、息が苦しくなることがありますから、1回に食べる食事の量を減らしてみるのも効果的です。
ちょっと食べ足りないなと思うくらいで1回の食事はやめておき、その分は回数で補うようにすると良いでしょう。
また、おやつを取り入れてみるのも食事に変化があり、気分転換にもつながります。食事は病人にとっても楽しみのひとつですが、1回の食事で満腹にならないように気をつけてあげてください。


スポンサー


gion2275 at 07:40│Comments(0)TrackBack(0)clip!がん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。