がん患者の苦しみ:食事が食べられない

健康と医療 - livedoor Blog 共通テーマ
がん患者を看病しているときに、何よりも辛いと感じるのは、がん患者が苦しんでいるのを目の当たりにすることではないでしょうか。
による疼痛、全身の倦怠感、食欲不振、吐き気や嘔吐、便秘、不眠、呼吸困難など、いろいろな症状がありますが、これらは病状の進行とともに顕著に現れ、がん患者本人や家族を苦しめます。
今回は「食事が食べられない」ことに焦点を当てて考えます。

◆がん患者の食欲不振の原因を明らかにする
がん患者の場合、たとえ量は食べられなくても、食事の時間が楽しみで、味わいながら食事を食べられるのは身体の調子を図るバロメーターになります。
食欲があれば身体の調子が良いと思い、食欲がなくて体重が減ってくると気弱になってしまいます。
まずは、食欲不振の原因はなにかを考え、家族にできることをしてあげましょう。

◎がん病状の進行に原因がある場合
がん患者の病状が進むと体力が衰え、抵抗力が低下して口内炎や喉に炎症を引き起こすことがあり、その痛みで食事を摂ることができなくなります。
また、倦怠感や吐き気、身体の痛みなども著しく食欲を奪います。
こうしたがん病状の進行による食欲の低下や不振は主治医に相談し、適切な処置を取ってもらうようにしましょう。

◎がん治療の影響が主な原因の場合
抗がん剤や放射線治療を行っている場合、その副作用で食欲不振になることがあります。
ある程度は仕方がない面もありますが、最近では副作用を軽減させるいい薬も開発されていますから、どの程度の食欲不振なのかをドクターへ相談し、投薬治療を申し出ると良いでしょう。

◎食事そのものに原因がある場合
食べ物の種類や調理方法、味付け、温度、盛り付け方など食事そのものが原因で食欲を減退させることがあります。
が進行して体力がなくなるほどに食欲は落ちてきますから、食事の色合いや盛り付けなど食欲が湧くような工夫をすることで多少なりともカバーすることができます。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。