がんの終末期、在宅看護はどこまで?

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ
◆在宅で過ごす意味とは
がんの症状が進み、患者、家族ともに残された時間はわずかだと判明した場合、限りある時間を家族で共有することは貴重なものです。
たとえ病人でも、自宅では家族の一員として暮らすことができ、病院のように他人の目を気にする必要もないため、お互いの気持ちを率直に語り合うことが可能です。
また、余命告知を受けている受けていないにかかわらず、がんの進行をその身体で感じている病人は、どういう形であれ人生のまとめをしたいと思うことが多いようです。
たとえば遺言を書いたり、仕事を整理したり、あるいは家族や友人に宛てて手紙を書いたり…。
そうした身辺整理は、在宅でこそできるものです。最期は再入院やホスピスを選ぶようになったとしても、少しでも身体が動くうちは在宅で過ごすことを検討する価値はあるのではないでしょうか。

◆在宅看護は家族や親族の協力がなければ成り立たない
がん患者の場合、一般的に身体が動かなくなったり、意識が混濁するという状態は、終末期に至るまでは発生することが少ないのが特徴です。
それまでは体力の衰えはあっても、比較的意識ははっきりしていますから、この段階での在宅看護で必要となるのが、がん患者の心身をケアし、精神的に助け合う家族や親族の心の絆です。
がん患者と家族、家族と親族、それぞれの心の結びつきが在宅看護の質を決めるようです。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。