がんの終末期、在宅看護はどこまで?

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ
◆在宅での過ごし方
がん患者が残された時間を有意義に過ごすために在宅療養がありますが、ある程度は身体が動くようであれば、無理のない範囲で家族の生活リズムに合わせて過ごすと良いでしょう。
朝は少しゆっくりと起き、食べられる範囲で食事をいただき、おしゃべりや身の回りの整理をして過ごす。
午後からは身体を休めるために少し睡眠を取るか、横になるようにすると体力の消耗を防ぐことができます。
病人だからと一日中パジャマ姿でいるのではなく、着なれた普段着に着替え、気が向けば短い散歩なども気分転換になります。
たとえ身体はガンだとしても、気持ちは病にならないようにすることが大切です。

◆食事は好みのものを食べられるだけ
がん患者の場合、病気の進行とともに食欲が低下してきます。
無理に食べようとするのではなく、自分の好きなものを食べられるだけ食べるようにしてください。
病院の食事では患者の好みに合わせた食事をいただくことは不可能ですが、住み慣れた自宅であれば、それも可能です。
たとえ食が細くなっても、食事は楽しみのひとつです。
できるだけ家族と同じテーブルについて、静かな会話の中でゆっくりと楽しむようにしてください。



スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。