がん患者を家で看取る

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

◆がん患者と家族の気持ちが同じの場合は在宅での看取りを
在宅でゆっくりと死を迎えるがん患者の顔は穏やかだといわれます。
これは、住み慣れた家で親しい家族に見守られながら旅立つという安心感があるためだといわれますが、一方で身内の死に直面する家族には辛いことでもあります。
在宅死の場合、病人自身が自宅で最期を迎えたいと強く望み、家族も心から同意してみんなの協力が得られる時に、可能となります。
一般病棟やホスピス病棟などの病院にいれば、まわりに医師や看護師がいてくえるため何かと心強いのですが、在宅の場合ではそれがありません。
家でがん患者を看取ると決めたら、そのためのアドバイスを医師や看護師から受けておくといいでしょう。

◆最期へのカウントダウン
病人は、が近づいて来ると、起きている時間よりも眠っている時間が長くなってきます。
それでも声をかけたり、手を握ってあげると反応します。
そして、その反応が弱くなってきたら、最期が近づいたことになります。少しずつですが呼吸のリズムが乱れ、鼻や下顎を動かして呼吸するようになり、そして息を吸って呼吸が止まり、心臓も止まって静かに死が訪れます。
あわてず騒がず、手を握りしめてあげながら見送ってあげましょう。
また、もしも医師が側にいれば、この時点で臨終を告げますが、家族だけの場合には呼吸が止まった時間を控えておき、医師に連絡を取ってください。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。