がん患者を看取った後に

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

配偶者や親兄弟などの家族をがんで失った場合に、
「なぜ、もっと早く発見できなかったのか?」
「あの時、無理にでも病院で検査を受けさせておけば良かった」などの後悔の念が、残された遺族を苦しめることがあります。
親しい人をがんで失った悲しみと自責の念が重なり、人によっては心身の健康を壊してしまうことも少なくありません。
ここでは、がん患者看取った後の心の葛藤にどう対処すればいいのかを考えてみます。

◆死別後の悲しみとどう向き合うか
ゝ磴、怒る、感情のままに従う
つい何日か前までは隣にいた愛する人が、がんにより天国へ旅立ってしまった。
そんな悲しみにには、無理をして耐えるのではなく、感情のままに涙を流すのが心を落ち着かせることにつながります。
また、悲しみだけではなく、なぜあの人は死んでしまったのか、というやり場のない怒りの気持ちに苛まれることもあるでしょう。
そんな気持ちも、親しい人に聞いてもらうと心の整理がつきやすいといわれます。
しばらくは揺れ動く感情とうまく付き合うことが大切です。

⊆分を許す
「あの時、無理にでも病院で検査を受けさせておけば良かった」と思うケースは珍しくありません。
ただ、いつまでも自責の念にかられていては故人も悲しむはずです。
すぐには無理だとしても、少しずつ自分を許すことを心がけてください。
人間は完全ではありません。
「後悔はあるけど、あの時はあの選択が正しいと思った」と考えることで、気持ちが変わってくるはずです。

F韻限慮海鮖つ人と交流する
悲しみや怒り、自責の念などの気持ちを理解し合えるのは、同じ死別体験を持つ人々との交流だといわれます。
最近では、少しずつですが、がんで親しい家族を亡くした人の交流の場ができているようです。
ソーシャルワーカーに尋ねたりインターネットなどで検索してもいいでしょう。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。