がんに効く?!丸山ワクチンについて

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ
前回の「がんに効く?!丸山ワクチンについて では、私の妻が丸山ワクチンを受けるに至った経由や注射をしてくれる医院探しなどについて簡単に述べました。
今回は、丸山ワクチンを受けている現状と感想(問題点)などの私見を述べてみたいと思います。
なお、丸山ワクチン公式サイトも参考にしてください。

◆効く人がいれば、効果の現れない人もいる
妻が丸山ワクチンの注射を始めて約3年半が過ぎました。
今年の春には卵巣へのがんの転移再発が疑われ、大学病院へ入院し手術を受けましたが、幸いに良性腫瘍でがんの転移再発ではありませんでした。
しかし、手術後に医師から聞いた話では「卵巣がんの疑いが強く、覚悟して手術に臨んだが、良性で良かった」ということでした。
個人的には、これも丸山ワクチンのおかげだと思っています。
効く人とまったく効果のない人がいる。それは、何も丸山ワクチンに限ったことではありません。
あれは効かないからと頭から否定するのではなく、少しでも治癒に向けての可能性が考えられるのであれば、使用を検討しても良いのではないでしょうか…。

◆丸山ワクチン治療にかかる費用
丸山ワクチンはA液とB液の2種類があり、それぞれ交互に皮下注射します。投与開始から3年間は週に3回。
3年を過ぎれば週に2回に減らし、5年経てば終了となるのが一般ですが、再発予防のために以後も週に1回の注射を受ける人が多いようです。
費用はワクチン代が30日分で10,000円。その他に、病院での注射料として1回当たり1,000円ちょっとかかります。
月に換算すると平均で約23,000円くらいかかります。ワクチン代は仕方ないにしても、病院での注射料がもう少し安くなってくれればと感じています。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。