抗がん剤治療について

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ
抗がん剤による治療を医師から勧められた場合、医師の言うままに従うのではなく、その治療にどんな効果が期待でき、どういう副作用が考えられ、その副作用を抑えるために何をしてくれるのかなどをきちんと聞き、自分が納得した上で抗がん剤治療を受けるようにしましょう。
抗がん剤治療はがんに有効な治療法ですが、副作用が生じるのも事実です。
しかし、その副作用の程度はがん患者によって個人差が大きく、いちがいに言えるものではありません。
効果と副作用を慎重に見極めながら進める治療、それが抗がん剤治療です。

■抗がん剤治療の主な副作用
◎骨髄抑制
抗がん剤は骨髄中の造血幹細胞を壊し、血液細胞への分化や増殖を抑制することがあります。
通常の治療では輸血を必要としませんが、白血球の減少が問題となることはよく起こります。
白血球は免疫と関係しているため、減少すると感染症にかかりやすくなるため、白血球を増殖させる薬が対策として使用されます。

◎吐き気
吐き気には、抗がん剤治療後24時間以内に現れる「早発悪心」とそれ以降に現れる「遅発悪心」、そして一度吐き気を経験したことが記憶されたことから起こる「予期悪心」の3種類があるといわれます。
最近では効果的な制吐剤が開発されており、かつてに比べて吐き気はコントロールされているようです。

◎脱毛
現在のところ脱毛を抑える有効な方法はありません。
それでもカツラなどの助けを借りながら、治療や日常生活を送っているがん患者はたくさんいます。
医師や看護師、ソーシャルワーカーなどに相談するのが良いでしょう。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。