放射線治療と副作用

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ
放射線治療はX線や電子線などを照射してがん細胞にダメージを与え、その増殖を抑える局所療法です。
以前に比べると技術も機械も格段に発達し、効果的ながん治療として期待されるようになっています。
しかし、一方で副作用があるのも否定できません。
今回は、放射線治療副作用についてご紹介します。

◎皮膚への副作用
日焼けした肌は赤くなったり、色素沈着が起こったり、ひどい場合には水疱ができることもあります。
これと同じような症状が放射線を当てた皮膚に起こることがあります。
放射線性皮膚炎と呼びますが、治療が終われば少しずつ回復していきます。

◎骨へ照射した場合
背骨や骨盤の広い範囲に放射線が照射されると、血液の素となる骨髄細胞が減少します。
そのため白血球や赤血球、血小板が減少し、発熱や貧血、出血傾向をもたらせることがあります。

◎頭部へ照射した場合
治療初期には脳がむくみ、頭痛や吐き気が起きることがありますが、徐々に軽くなっていきます。
また、脱毛が生じますが、治療が終われば髪の毛は再び生えてきます。

◎頸部へ照射した場合のどや食道の粘膜が放射線焼けを起こすため、痛みや嚥下障害が起きることがあります。
また、唾液腺に放射線が当った場合には唾液の分泌が低下し、口の渇きや味覚の変化が現れます。
症状の回復は個人差がありますが、半年から数年かかるといわれています。

◎腹部へ照射した場合
腸管の粘膜が放射線焼けを起こすため、下痢や吐き気を生じます。
放射線治療が終われば、徐々に改善していきます。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。