抗がんサプリメントの効能について

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ
ここ数年、健康サプリメントの販売や購買者は急激に増加しています。
中には抗がん効果をセールスポイントにしているものも見受けられますが、サプリメントは薬ほどきちんとした臨床試験システムが確立されておらず、効果や副作用についてまだ未知数なのがほとんどです。
ただ、サプリメント大国であるアメリカでは抗がん効果も含めてサプリメントの動物実験や臨床試験が進行しているといいます。
まだ実験・試験の途中段階レベルということですが、いくつかの健康食品・サプリントについて参考にすべき内容をご紹介していきます。

■緑茶
◎検証では?
抗がん効果については賛否が拮抗しているということで明らかになっていません。
◎副作用
カフェインに過敏な人は頭痛、利尿、血圧上昇などを起こす場合があります。また、カリウムを多く含むため、腎疾患などでカリウムの摂取を制限されている人は飲用しない方がベストです。
◎特徴と成分
緑茶には水溶性ポリフェノール類のカテキンが多く含まれています。このカテキンががんの予防や治療に効果があるといわれています。また、緑茶には抗酸化作用があり、活性酸素によって傷ついた細胞を修復する働きが、がんを予防するともいわれています。

■AHCC
◎検証では?
抗がん効果については、現段階では臨床試験が不足しているため検証不能ということです。
◎副作用
特に大きな副作用は見られないようですが、発疹や痒みが起きたという報告があります。
◎特徴と成分
AHCCとは活性化多糖類関連化合物という意味で、シイタケなど数種類のキノコの菌糸体を培養し、酵素処理した成分を抽出した健康食品です。主成分は多糖類ですが、天然のキノコ系健康食品に含有されるβグルカンとは異なり、酵素分解で生成されたアセチル化αグルカンで、分子量が小さいために腸管で消化吸収され、肝臓で代謝されて免疫活性を発揮するといわれています。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。