がん種類別情報「脳腫瘍:その 

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

ひと口にがんと言っても上皮がんや白血病などいろいろなガンの種類があり、それぞれに性質や治癒率なども異なります。
これからしばらく代表的なガンの種類や特性、原因などについて今後ご紹介していきます。参考にしていただければ幸いです。

脳腫瘍はたとえ良性でも要注意!悪性の場合には難治性が高くなります】

■脳腫瘍の特性
脳腫瘍は厳密に分けると40種類以上もあるといわれ、一定の空間しかない頭蓋骨内で腫瘍ができると周囲の脳が圧迫されて、早くからさまざまな症状が現れるとされています。
脳は人の思考や全身の機能を支配しているため、腫瘍のできた場所によっては患者に精神障害が生じる場合が発生します。
そのため、良性の腫瘍でも患者に深刻な事態を引き起こすことがあり、他の臓器にできた良性の腫瘍が生命に影響を与えないのと比べて、大きく異なるところです。
悪性の脳腫瘍(ガン)は、脳をつくっている細胞のひとつ「グリア細胞」がガン化するもので、増殖が速く、周囲に浸潤しながら他の臓器に転移する特性を持っています。
グリア細胞は日本語では神経膠細胞と呼ばれ、これがガン化したものが神経膠腫といわれます。この悪性腫瘍はすべての脳腫瘍の中でもっとも多く、全体の35%を占めているといわれています。
神経膠腫は数種類に分けられ、悪性度がもっとも高いものが中年男性に発生しやすい膠芽腫です。
これはグリア細胞の一種である星細胞がガン化したものといわれ、細胞の変形度合いが高く、もとの細胞とはまったく似ていないという特徴を持っています。
他にも、悪性星細胞腫、髄芽腫なども悪性度の高い脳腫瘍だといわれています。

■原因・リスクの高い人
脳腫瘍が発症する原因は解明されていません。
ただ、放射線被爆、殺虫剤や有機溶媒、合成ゴム、塩化ビニールなどにさらされたり、接触する機会が多い生活が疑われています。
また、免疫抑制剤の使用者、エイズ患者なども脳腫瘍になりやすく、神経線維腫、ターコット症候群などの遺伝病との関連も述べられています。


スポンサー


gion2275 at 19:09│Comments(0)TrackBack(0)clip!脳腫瘍 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。