がん種類別情報「脳腫瘍:その

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

ひと口にがんと言っても上皮がんや白血病などいろいろなガンの種類があり、それぞれに性質や治癒率なども異なります。
これからしばらく代表的ながんの種類や特性、原因などについて今後ご紹介していきます。参考にしていただければ幸いです。

脳腫瘍は良性でも要注意!悪性(がん)の場合には難治性が高くなります】

■脳腫瘍の症状
悪性の脳腫瘍はさまざまな症状を引き起こし、一部の患者はがんの初期段階から主に起床時に頭痛や吐き気、嘔吐などをもよおすといわれます。
ガンが進行した場合には多くの患者が慢性的な頭痛に悩まされるようになり、脳腫瘍の発生場所によっては無気力や聴力障害、視野狭窄、顔面麻痺、てんかん発作、痴呆行動はどが現れてきます。
小児も脳腫瘍にかかる可能性があり、70%以上が悪性になるといわれています。
子どもの場合は小脳や脳幹などに脳腫瘍が発生し、脳脊髄液の流れをさまたげることが多く、しばしば頭蓋内に脳脊髄液がたまる水頭症を併発することが見られるようです。

■脳腫瘍の検査・診断
脳腫瘍の検査は一般にCTスキャンやPET、超音波診断、MRIなどさまざまな画像診断技術が用いられます。
検査によって脳腫瘍が疑われた場合には、腫瘍マーカーや腰椎穿刺(脊髄液を採取してガン細胞の有無を調べる)が行われます。
画像を見る場合、一般に悪性は腫瘍の形が不定形で輪郭が不明瞭です。一方、良性の髄膜腫などはほぼ円形に見え、輪郭がはっきりしていることが多いといわれています。



スポンサー


gion2275 at 08:58│Comments(0)TrackBack(0)clip!脳腫瘍 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。