がん種類別情報「白血病:その◆

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

ひと口にがんと言っても上皮がんや白血病などいろいろなガンの種類があり、それぞれに性質や治癒率なども異なります。
これからしばらく代表的ながんの種類や特性、原因などについて今後ご紹介していきます。参考にしていただければ幸いです。

【白血病治療の進歩で、少しずつ治癒可能なガンへ…】

■白血病の原因・リスクの高い人
白血病の原因は明らかではありませんが、放射線に被曝すると発症するリスクが高くなるといわれています。たとえば1986年にチェルノブイリの原発事故後には、周辺地域の住民、とくに子供を中心として白血病が多発しました。
慢性骨髄性白血病については、その90%以上が2つの染色体の組み換えによって生じる異常な染色体が、発症の直接原因になることが突き止められています。

■白血病の症状
慢性白血病の場合、その初期には自覚症状はまったくありません。
健康診断や他の病気での血液検査を行ったときに、白血球の数が増えていることから偶然に発見される場合が多いようです。しかし、病気が進行すると全身の倦怠感や体重減少が見られます。

一方、急性白血病は病気の進行が速いために、貧血による顔面蒼白や息切れ、動悸、倦怠感が生じ、皮下や歯肉、性器から出血するなどの症状が現れます。

■白血病の検査・診断
白血病診断は血液検査から始め、その結果から白血病が疑われる場合には骨髄穿刺が行われます。
この検査は、胸骨または腰骨から大型の注射器で骨髄液を抜き取り、液を詳しく調べるものです。骨髄液の中に白血病細胞が存在したときには、顕微鏡によって白血病細胞の種類を確認します。
また肝臓や脾臓の状態を調べるために腹部CTやエコー検査が行われます。


スポンサー


gion2275 at 09:43│Comments(0)TrackBack(0)clip!白血病とは 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。