悪性リンパ腫:その

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

【リンパ節に発症し、全身に広がる】

■悪性リンパ腫の症状
悪性リンパ腫の初期は症状がほとんど現れず、出ても単なる疲労と思いがちです。
ただ、病気の進行にともなってわきの下や鼠径部(ももの付け根)、首などのリンパ節の腫れが見られるようになります。
また、原因不明の発熱や全身の倦怠感、異常な発汗、体重の減少もしばしば生じ、全身のかゆみが出る場合もあります。
節外リンパ腫(リンパ節以外の臓器のリンパ系に生じるがん)の場合には発生場所で症状が異なり、たとえば胸のリンパ腫の場合には息苦しさが現れ、腹部リンパ腫では腹痛を生じます。

■悪性リンパ腫の検査・診断
悪性リンパ腫の検査・診断は、血液検査、生検、画像診断を行います。
血液検査では腫瘍マーカーが測定され、生検では腫れたリンパ節などの組織や細胞を採取して顕微鏡で確認します。
このときにリンパ腫の種類や悪性度もチェックされ、同時にがん細胞の遺伝子や染色体、細胞の表面にある分子なども検査します。
画像診断はCTやMRI、超音波診断、ガリウムシンチグラフィー(ガリウムの放射性同位体をガン細胞に取り込ませ、ガリウムが放出する放射線を撮影する)などが行われ、リンパ管に造影剤を入れてX線撮影することもあります。その他にも骨髄や腰椎への穿刺が行われる場合もあるようです。


スポンサー


gion2275 at 21:16│Comments(0)TrackBack(0)clip!悪性リンパ腫 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。