国立がんセンターへの受診と入院について

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ


先日、「国立がんセンター」への受診入院はどのような手続きが必要なのかという質問を受けました。
「国立がんセンター」だけではなく、高度医療を提供する大学病院や都道府県のがんセンターでも同じようなことが必要ではないかと推測し、お答えしたいと思います。
なお、各病院や医療機関によって異なる場合もあると思いますので、受診や入院を希望する病院・医療機関へ直接お尋ねください。

■受診には原則として他の医療機関からの紹介状が必要
国立がんセンター中央病院は特定機能病院*のため、他の医療機関の医師からの紹介により受診していただくシステムを採用しています。
また、平成18年4月より完全予約制(新患・再来の全ての患者さんに予約を取っていただくシステム)に変更し、初診患者も予約を取ることが必要となりました。
初診の予約申込は紹介医、あるいは患者さんご自身が「がんセンター」宛の紹介状を持っている場合は手元に紹介状をご用意のうえ、初診受付電話(03-3547-5130)に電話して下さい。
受付時間は午前10時〜午後4時です(土、日、祝日、年末年始を除く)。
担当者が必要事項を確認のうえ、初診予約日時をお知らせします。
診察当日は、手続きに約30分を要しますので、予約時刻の約30分前までに行くことが必要です。
来院時、がんと診断される根拠となった資料(レントゲンフィルム等)を前医より借用りて持って行くと、より迅速に病状を把握することができ、検査の負担軽減や治療方針決定などに役立ちます。

紹介状をお持ちでない方は予約が取れないため、然るべき医療機関を受診し、医師に紹介状を記載してもらってください。
ただし、以下の6診療科につきましては、FAXによる初診予約となっていますので、初診予約の方法を参照下さい。
消化器内科、消化管内視鏡科、乳腺・腫瘍内科、幹細胞移植科、泌尿器科、放射線治療部

また、がんセンターへの入院についてですが、患者本人の受診が前提となります。

*特定機能病院 : 医療法第4条の2第1項に規定する特定機能病院

病院であって、次に掲げる要件に該当するものは、厚生労働大臣の承認を得て特定機能病院と称することができる。

1.高度の医療を提供する能力を有すること。
2.高度の医療技術の開発及び評論を行う能力を有すること。
3.高度の医療に関する研修を行わせる能力を有すること。
4.その診療科名中に、厚生労働省令の定めるところにより、厚生労働省令で定める診療科名を有すること。
5.厚生労働省令で定める数以上の患者の収容施設を有すること。(500床以上)
6.(以下略)


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。