口腔がん(検査と治療)

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

【50%以上が舌に発生する】

■口腔がんの検査・診断
口腔ガンは、まず医師が反射鏡などを使って肉眼で調べます。異常と思える部分が見つかれば、組織を採取して顕微鏡でチェック(生検)します。
また、CTやMRIなどの画像診断を行い、がんの広がりや転移の有無などを検査します。

■口腔がんの治療
口腔がんの治療は、外科治療と放射線治療が中心になります。
外科治療では、がんとその周辺のみを切除し、病巣部とその周辺の境界が明瞭で、ガンが深部まで浸透していない場合には、レーザー治療を選択する場合もあるようです。
放射線治療は、口腔の機能や形態をできるだけ損なうことなく治療できる手法といわれています。
しかし、口腔粘膜は放射線に弱いため、細心の注意が求められます。放射線治療には体外照射と体内照射があり、単独や併用が選択されます。
ガンが進行し、骨に浸潤している場合などは、大がかりな施術でしか完治は望めず、首やあごのリンパ節に転移している場合には、リンパ節切除も行われます。
口腔ガンに対しては粒子線治療などの新しい方法が試みられていて、他にもガン細胞の分化を促して通常の細胞に近づける「分化誘導法」という研究も進んでいるといわれています。

■口腔がん患者の特徴
口腔がん患者の特徴に、再発以外にも新しい(二次ガン)発生の確率が高いという報告があります。なかでも飲酒や喫煙を原因とする食道がんが多いことから、口腔がんの治療後も定期的な検査は不可欠で、飲酒と喫煙を控えることが大切です。

スポンサー


gion2275 at 20:44│Comments(0)TrackBack(0)clip!口腔がん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。