肺ガン(種類と原因)

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

【日本人にいちばん多い肺ガン
現在、日本人にとって脅威となっているのが肺ガンです。
2002年のデータによると約5万6000人の人が肺がんで亡くなっています(男性が70%を占める)。
しかも、肺がんによる死者の数は年を追うごとに増加傾向にあり、近い将来には年間10万人もの人が肺がんで亡くなるという予測もあるほどです。

■肺がんの種類
肺ガンのほとんどは気管支の内部に発生し、「扁平上皮ガン」「腺ガン」「大細胞ガン」「小細胞ガン」の4種類の主なガンに分けることができます。
また、小細胞ガンとその他の3種類のがんは性質が異なることから、肺ガンを小細胞ガンと非小細胞ガンに大別することもあります。

肺がんの約15〜20%を占めるといわれる小細胞ガンは増殖と転移のスピードが速いことで知られ、がん細胞の数が30日ごとに2倍になり、短期間で肝臓や脳、骨などに転移します。
一方、肺がんの約80%を占める非小細胞ガンは小細胞ガンより進行はゆっくりとしていますが、抗ガン剤の効果が期待できないことから、いったん進行すると治療が困難になってきます。

■肺がんの原因
肺がんの原因は完全には解明されていませんが、のどのガンと同じく、喫煙が大きく関係しているといわれています。
日本のデータによると男性の肺がん患者の約90%が喫煙者であり、タバコを吸わない人の4.5倍もの確率で肺がんが発症するとされています。
また、喫煙者の近くで生活し、喫煙者のタバコから流れる煙(副流煙)を吸い込む人も肺がんを発症しやすくなるといわれています。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。