肺ガン(症状と検査・診断)

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

【日本人にいちばん多い肺ガン】
現在、日本人にとって脅威となっているのが肺ガンです。2002年のデータによると約5万6000人の人が肺がんで亡くなっています(男性が70%を占める)。
しかも、灰ガンによる死者の数は年を追うごとに増加傾向にあり、将来的には年間10万人もの人が肺がんで亡くなるという予測もあるほどです。


■肺がんの症状
肺ガンはほとんどの場合、相当に進行するまで症状らしい症状は出ません。
また、最初の症状が風邪に似ているため見過ごされることも少なくありません。
一般的にや痰が続く、痰に血が混じる、しわがれ声になる、呼吸が苦しい、発熱するなどはよく見られる症状ですが、進行した肺がんが近くの神経を圧迫すると胸や肩、背中の上部などに痛みを感じたり、全身の脱力感を覚えることもあるようです。
肺がんは脳や骨などに転移しやすい性質を持つため、それらの転移による症状が最初に現れることもあり、脳への転移では頭痛や身体のしびれ、痙攣などがあり、骨転移では腰痛や骨折などが見られます。

■肺がんの検査・診断
肺がんは発症率が高く、進行すると治癒が難しいがんのひとつです。
肺がんの検査では一般的に胸部X線撮影、喀痰細胞診、さらにヘリカルCTによる画像診断を行うこともあります。
これらの検査で異常が見つかれば、胸部CT、血液検査、気管支鏡検査、生検などによる精密検査が行われます。
これらの諸検査から肺がんであることが明らかになった場合にはMRIやCT、骨シンチグラフィーなどで他の場所への転移を調べます。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。