肺ガン(治療・非小細胞ガンの場合)

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

【日本人にいちばん多い肺ガン】
現在、日本人にとって脅威となっているのが肺ガンです。2002年のデータによると約5万6000人の人が肺がんで亡くなっています(男性が70%を占める)。しかも、灰ガンによる死者の数は年を追うごとに増加傾向にあり、近い将来には年間10万人もの人が肺がんで亡くなるという予測もあるほどです。


■非小細胞ガンの治療
肺ガンのなかでも約80%を占めるといわれる非小細胞がんは、現在のところ化学療法の効果は期待できないとされています。
また、肺は放射線を受けると炎症を起こしたり、組織が硬化して呼吸機能が低下する場合も見られます。
そのため治療には可能な限り外科手術が選択されます。

■外科手術が可能な場合
手術が可能となった場合には、肺の部分切除は当然ですが、片方の肺を全部摘出するケースも少なくありません。
また、転移しやすい部分のリンパ節の切除を行います。
早期ガンで気管支鏡の見える範囲にあるときは、強いレーザー光を当ててガンを蒸発させたり、がん細胞を凝固させて死滅させる「焼灼法」と光に反応しやすい物質をあらかじめガンに吸収させておいてレーザー光を照射してガン細胞を殺す「光線力学的療法」があります。
また、実験的ですが小さな肺ガンに対しては電極をガンに刺してマイクロ波を発生させ、ガン細胞の死滅を狙うマイクロ波凝固法を行う医療機関もあるようです。

■外科手術が困難な場合・手術のみでは不十分な場合
外科手術が難しい場合や手術だけではガン細胞を完全に切除できない場合には、放射線と化学療法が行われます。
放射線療法はX線の体外照射が一般的ですが、がんの場所や進行具合によっては放射性物質を入れたカプセルを気管支に送り、放射線をがん病巣に直接当てる場合もあります。
化学療法は、現在、さまざまな抗ガン剤の組み合わせが研究されている段階です。代表的な薬剤としてプラチナ製剤のシスプラチン、植物アルカロイドのイリノテカン、代謝拮抗剤のゲムシタビン、さらに副作用の発生で問題になったイレッサなどがあります。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。