食道がん(原因と症状)

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

【発見時には手遅れのケースが多いガンのひとつ】

食道がんは発見時には既に手遅れになっている場合が多く、死亡率の高いガンのひとつですが、その5年生存率は近年上昇しているようです。
食道はのどから胃までをつなぐ厚さ4个留濺状の器官です。
それは内側から順に粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板、粘膜下層、固有筋層と続き、いちばん外側を外膜が覆っています。食道がんのほとんどは、胸のあたり(胸部食道)に発生するといわれています。

■食道がんの原因
食道がんの最大の原因は喫煙と飲酒だといわれています。
日本の食道がんの死亡者数は男性が女性の5〜6倍ということですが、これは男性のほうが喫煙や飲酒が習慣化しているためだと考えられています。
また、熱い食べ物や刺激の強い食べ物の摂り過ぎも発症を高めるといわれています。欧米では、胃液が食道に逆流し、その刺激によって食道の粘膜組織が胃粘膜のように変化し、がんになる患者が多いとされています。

■食道がんの症状
食道がんは、初期にもわずかですが自覚症状が現れます。
飲食時に胸のあたりにしみる感じがあるとか、のどの奥がつかえているような感じがするというものです。
がんが進むとのどのつかえや食べ物を飲み込みにくくなる、飲食時の痛みなどが出てきますが、こういった自覚症状が出る頃には、食道がんは粘膜下層から周囲の気管や気管支、大動脈にまで広がっていることが少なくありません。
食道がんが進行しやすいのは、他の消化器官と異なり、食堂の外側ががん細胞の広がりを防ぐ性質を持つ膜に覆われていないことと、血管とリンパ管が大量に分布されているためです。
そのため食道がんは脳や肺、肝臓、骨などに転移しやすいという性格を持っています。


スポンサー


gion2275 at 18:27│Comments(0)TrackBack(0)clip!食道がん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。