食道がん(治療その◆

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

【発見時には手遅れのケースが多い食道がん】
食道がんは発見時には既に手遅れになっている場合が多く、死亡率の高いガンのひとつですが、その5年生存率は近年上昇しているようです。
食道はのどから胃までをつなぐ厚さ4个留濺状の器官です。それは内側から順に粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板、粘膜下層、固有筋層と続き、いちばん外側を外膜が覆っています。食道がんのほとんどは、胸のあたり(胸部食道)に発生するといわれています。

■食道がんの内視鏡的粘膜切除術
食道がんが粘膜にある初期の状態にあれば、内視鏡を使った粘膜切除レーザー治療放射線治療が行われます。
内視鏡切除術では、その先端に注射針をつけてガンの下に生理食塩水を注入してガンを盛り上がらせます。そして、その付け根をワイヤーでしばり、電極でガンを焼き切ります。

■食道がんのレーザー治療
レーザー療法はガン細胞に集中する物質を患者に投与し、2〜3日後にがん組織に向けてレーザー光を当てると、この物質がレーザーに反応して細胞に有害な活性酸素を発生し、ガン細胞を破壊します。

■食道がんの放射線治療
食道がんが早期だった場合には、放射線治療のみでの治療が選択されることがあります。
腔内照射と体外照射のどちらかを単独で行ったり、両者を併用するケースがあります。
腔内照射は食道内に放射性物質の入ったカプセルを入れて体内から照射します。
ガンがリンパ節に転移していなければ、放射線治療での完治が期待できます。

■化学放射線療法
これまで化学療法や放射線療法は手術後の補助的な治療の座に甘んじてきましたが、最近は手術以外の根治を目指す手法として、化学療法と放射線療法を併用する化学放射線療法が注目されるようになってきました。
この療法は副作用が出るリスクがあるものの、大がかりな手術に比べてガン患者のQOLを維持することができるため、さまざまな方面でも研究・検討が重ねられています。


スポンサー


gion2275 at 09:10│Comments(0)TrackBack(0)clip!食道がん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。