甲状腺ガン(治療)

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

【危険ながんとそうでないがんとの差が大きいガン】

■甲状腺がんの治療
<乳頭がん>
甲状腺がんはガンの種類や性質がさまざまであり、治療法の選択も複雑です。
日本でいちばん多い乳頭ガンが直径1儖焚爾両豺隋僻鶸躙韻ん)は、すぐに手術するのではなく、半年ごとに検査を続け、大きくなっている様子であれば、甲状腺の半分くらいを切除するなどの治療法がとられます。

※欧米では甲状腺がんが見つかった段階で、甲状腺と周囲のリンパ節をすべて摘出するのが主流ですが、日本でもこの治療方法を選択する病院もあるようです。

高齢者に多い危険な乳頭がんの場合は、甲状腺だけではなく周囲の気管や神経まで切除することになります。また、肺や骨への転移も懸念されることから放射線や化学療法が併用されます。


<濾胞がん>
濾胞がんは局所的な浸潤やリンパ節への転移が起こりにくく、手術による完治が期待できます。
ただし、血流によって肺や骨へ転移する確率は乳頭がんより高いといわれています。万が一転移が起こった場合には、甲状腺の全摘手術後に放射性ヨウ素が少し投与されることがあります。
放射性ヨウ素は甲状腺の細胞に集まる性質を持っているため、それを利用してガンの転移先を確認するという、甲状腺がんに特有の処置が選ばれます。


<髄様がん>
髄様ガンの治療は甲状腺全体を切除するとともに、首のリンパ節も取り除きます。
また、甲状腺の悪性リンパ腫の治療は、一般の悪性リンパ腫に準じて放射線や化学療法が選択されます。
甲状腺がんでは、非危険がんが全体の80%を占めており、患者の5年生存率はたいへん高く、治療後のQOLも良好な状態を維持できるようです。
これに対して危険がんの5年生存率は非常に低く、なかでも未分化ガンの患者の90%は半年〜1念以内に死亡しています。


スポンサー


gion2275 at 09:23│Comments(0)TrackBack(0)clip!甲状腺がん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。