胃がん(原因)

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

【肺ガンに次いで多い胃がん死】
2002年に胃がんによって4万9000人以上の人が亡くなっていますが、これは肺がんに次いで第2位であり、胃がん患者の数だけ見てみると、肺がんにかかる人の約2倍にも達しています。
胃がんは粘膜から発生し、粘膜下層へそして筋肉層と胃壁を貫くように広がります。病気が進むと漿膜に浸潤したり隣接する臓器(大腸や膵臓)などにもガンが達する場合があり、さらに腹膜へ拡大することもあります。
また、がん細胞がリンパ管に入って胃の周囲のリンパ節に転移したり、血液に乗って肝臓や肺に転移することも見られます。

■胃がんの原因
胃がんの原因としては喫煙や塩分や刺激物の多い食事、食べ物の焦げなどが指摘されてきましたが、現在ではピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の感染が注目されています。
ピロリ菌は胃壁を覆う粘液の層の中に生きる細菌で、一度感染すると強い胃酸の中でも酸を中和しながら行き続けます。
そのために胃は慢性的な胃炎を起こし、その結果として胃の粘膜が萎縮してガンの発生しやすい状態になるとされています。
ピロリ菌は抗生物質で取り除くことはできますが、除菌によって逆流性食道炎が生じることもあり、除菌は原則としてピロリ菌を原因とする胃潰瘍や十二指腸潰瘍が生じた場合に行われます。

胃がんがガン死の2位である日本とは対照的に、近年のアメリカでは胃がんは激減しており、胃がんになるアメリカ人は1万人に1人といわれています。
この背景として塩分の強い保存食品の消費が減ったこととビタミンCの摂取量が増えたことが挙げられています。
実際に各種調査によるとビタミンCを多く含む野菜や果物には胃がん予防効果があるといわれています。


スポンサー


gion2275 at 12:53│Comments(0)TrackBack(0)clip!胃がん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。