胃がん(診断)

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

【胃がん死は、肺ガンに次いで第2位】
2002年に胃がんによって4万9000人以上の人が亡くなっていますが、これは肺がんに次いで第2位であり、胃がん患者の数だけ見てみると、肺がんにかかる人の約2倍にも達しています。
胃がんは粘膜から発生し、粘膜下層へそして筋肉層と胃壁を貫くように広がります。病気が進むと漿膜に浸潤したり隣接する臓器(大腸や膵臓)などにもガンが達する場合があり、さらに腹膜へ拡大することもあります。
また、がん細胞がリンパ管に入って胃の周囲のリンパ節に転移したり、血液に乗って肝臓や肺に転移することも見られます。

■胃がんの検査
胃がんの検査というと、まずバリウムを飲んでの造影X線検査が挙げられます。
これによって胃の内部形状や粘膜表面の状況を把握することができます。また、新しい検査方法として血液中のペプシノーゲンというものの量を調べることもあります。胃が分泌するペプシノーゲンは、胃の粘膜が萎縮すると分泌量が減っていきます。萎縮した粘膜からはガンが発生しやすいため、血液中のペプシノーゲンの減少は胃がんの危険性が高いということができます。
こうした検査で異常が見つかった場合には、内視鏡検査で胃の内部観察が行われます。
この内視鏡検査の際に、病変部を採取して顕微鏡で調べる生検が行われることもあります。
胃がんの確定診断が出た場合、X線CTや腹部の超音波検査が行われ、がんの広がりや他臓器、リンパ節などへの転移の有無が調べられます。


スポンサー


gion2275 at 10:06│Comments(0)TrackBack(0)clip!胃がん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。