胃がん(治療その 

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

■胃がん治療の現状
これまでは胃がんが発見されたときには、胃の大部分を切除するのが主流でした。
しかし、胃の出口の幽門を切除すると食べたものがいっきに小腸に入るため、血糖値が急激に上下します。
また、入り口である噴門を切除すれば、胃に入った食べ物が逆流し、食道に炎症を起こす場合があります。
こうしたさまざまな後遺症を避けるため、この頃では初期の胃がんに対しては切除範囲の狭い手術や内視鏡による切除を行うことが主流となっています。

■早期胃がんの治療
ガンが直径2センチ以下で粘膜にとどまっていて、悪性度の低い分化型であれば、内視鏡によって粘膜のみを切除する簡単な手術が選択されます。
がんの悪性度が高い場合や粘膜下層までガンが広がっているとき、また病変部に潰瘍があるときには胃を部分的に切除し、周辺のリンパ節も取り除きます。
また、ガンが2センチよりも大きく、粘膜の下の筋層まで広がっている場合には、胃を3分の2以上切除し、リンパ節も広範囲にわたって取り除く定型手術が選ばれます。早期がんに対しては一般に化学療法は行われません。

■進行胃がんの治療
ガンが胃壁を破り、胃の外側を覆う漿膜まで達している場合には定型手術が行われます。
また、ガンがすい臓や大腸などの隣接する臓器に達している場合には、それらの臓器の一部を含めてガンを切除する拡大手術が選ばれ、リンパ節も広い範囲にわたって切除します。
肝臓などの他の臓器や腹膜にガンが転移している場合には、手術でがんを完全に切除することは困難であり、完治の期待も持てません。このような場合には、まず化学療法を中心にした治療が試みられるようです。


スポンサー


gion2275 at 18:38│Comments(0)TrackBack(0)clip!胃がん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。