胃がん(治療その◆

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

■胃がんの化学療法
これまで、胃がんは抗ガン剤の効きにくいがんの代表でした。
しかし、現在では比較的効果の期待できる抗ガン剤の組み合わせが発見されています。
ただし、抗ガン剤による化学療法のみで治癒に至ることはほとんど皆無に等しく、がんの性質によっては治療効果の期待できない場合もあります。
また、抗ガン剤が再発予防にどれくらいの効果があるのか明らかにはなっておらず、現在行われている化学療法は、まだ臨床試験段階ということです。

◎胃がんに対する代表的な抗ガン剤の組み合わせ
胃がんへの抗ガン剤の組み合わせとして、もっともポピュラーになっているのが代謝拮抗剤のフルオロウラシルとプラチナ製剤のシスプラチンです。
また、フルオロウラシルの効果を高めるテガフールや植物アルカロイドのイリノテカンやパクリタキセルなども他の薬剤との組み合わせで治療効果が得られるものと報告されています。

◎胃がんの温熱化学療法
胃がんを起因とした腹膜播腫に対しては、温めた生理食塩水に抗ガン剤を溶かして腹腔内に注入する温熱化学療法が試みられています。
この療法は、ガン細胞が熱に弱いことだけでなく、細胞が温まることで抗ガン剤を吸収しやすくなる効果を利用したものです。
まだ臨床試験レベルですが、温熱療法と化学療法の利点を組み合わせたこの療法は、これまで治療が難しいとされてきた腹膜播腫に一定の高効果があるのでは…と期待されています。



スポンサー


gion2275 at 14:37│Comments(1)TrackBack(0)clip!胃がん 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みん   2010年09月04日 16:31
父親の代替治療に温熱化学療法はどうかと相談した際、担当医からは「それは効きません」と
言われ、断念しましたが… ?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。