肝臓がん(症状)

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ


【難治性の高いがん】
肝臓がんは、治療の難しいがんのひとつです。
その理由のひとつが、がんの発生する前に患者の肝臓が既にダメージを受けている場合が多く、がんの治療を行うことで肝機能の低下を招くことになるからです。
そしてもうひとつが、がんがいったん治癒しても、新しいがんの発生する可能性が高いことにあります。
肝臓がんのなかで成人の90%を占めるのが「肝細胞がん」ですが、これは肝臓のもっとも重要な肝細胞がガン化するものです。
次いで、約5%が肝臓内を通っている胆管細胞がん(肝内胆管がん)となっています。

■肝臓がんの症状
肝臓がんの代表である肝細胞がんの患者のほとんどが、もともと肝炎や肝硬変を発症しています。
そのため初期にはがんに特有の自覚症状はなく、食欲不振や倦怠感、お腹の膨満感、下痢や便秘、貧血、急な腹痛など肝炎や肝硬変による症状が中心となります。

肝細胞がんそのものが原因で生じる症状としては、お腹が膨れた感じや不快感があり、がんの進行にともなって、強い脱力感や右の肩甲骨の痛み、みぞおちのしこり、体重減少、黄疸などが出てきます。
しかし、これらの諸症状が顕著になる頃にはがんは相当に進んでおり、治癒はほとんどが期待できなくなります。
一方で胆管細胞がんは、初期にはほとんど自覚症状がありません。しかし、同時に肝臓内胆管に結石ができている場合もあり、結石による黄疸や腹痛を訴えて病院を訪れるケースもあります。


スポンサー


gion2275 at 13:40│Comments(0)TrackBack(0)clip!肝臓がん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。