肝臓がん(治療 

がん患者 - livedoor Blog 共通テーマ

【難治性の高いがん】
肝臓がんは、治療の難しいがんのひとつです。その理由のひとつが、がんの発生する前に患者の肝臓が既にダメージを受けている場合が多く、がんの治療を行うことで肝機能の低下を招くことになるからです。そしてもうひとつが、がんがいったん治癒しても、新しいがんの発生する可能性が高いことにあります。
肝臓がんのなかで成人の90%を占めるのが「肝細胞がん」ですが、これは肝臓のもっとも重要な肝細胞がガン化するものです。
次いで、約5%が肝臓内を通っている胆管細胞がん(肝内胆管がん)となっています。

■肝臓がんの治療
肝細胞がんの場合】

肝細胞がんの患者は、もともと肝炎肝硬変を発症している人が多く、肝臓の働きが著しく低下していることも少なくありません。
そこで肝細胞がんに対してはがんの進行状態だけではなく、肝機能の状態を見て治療法が選ばれます。
現在、肝細胞がんの主な治療法は以下の6つが主流となっています。
,んの手術

▲┘織痢璽訝軻法
 純粋アルコール(エタノール)をがんに注射して死滅させる

マイクロ波凝固法、ラジオ波焼灼法
 マイクロ波やラジオ波によって熱を発生させ、がんを凝固させて殺す

ご瞭位塞栓術
 がんに向かう動脈を塞いで血流を止め、酸素や栄養の供給を断ってがんを餓死させ る

テ庵輕
 がんに向かう動脈に抗ガン剤を注入し、ガン細胞を殺す

κ射線療法

これらのうち,亮蟒冦屠,蓮△んが早期に発見されて切除が成功すれば、5年生存率は約50%といわれています。


スポンサー


gion2275 at 16:59│Comments(0)TrackBack(0)clip!肝臓がん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。