前立腺がん 症状と検査

◎前立腺がん症状
前立腺ガンの自覚症状として挙げられるのが、排尿と射精時に関わるものです。
尿の出る勢いが弱かったり、断続的に出たり、突然の尿意、残尿感、射精時の痛み、尿や精液に血が混じるなどがあります。
また、前立腺ガンは骨に転移しやすい性質を持っているため、癌が進行すると腰痛や骨盤痛、背中の痛みを覚えることがあるようです。


◎前立腺がん検査・診断
前立腺ガンの検査には、以前までペニスの先端から尿道に細いチューブを入れ、前立腺組織を採取して調べる方法が採られていましたが、最近では前立腺が分泌するたんぱく質を検出(腫瘍マーカー)する血液検査が主流になっているようです。
この検査の普及によって前立腺がんは集団検診や人間ドックで見つけやすい癌になりました。
排尿時や射精時に少しでも異常を感じたら、念のために血液検査を受診するようにしましょう。

前立腺がんの腫瘍マーカーには、酸性ホスファターゼ(PAP)、ガンマ・セミノプロティン(γ−sm)、前立腺特異抗原(PSA)などがあるとのことですが、これらの中でPSAは腫瘍マーカーとして優れた感度を持っているということで、アメリカでは1980年代後半からPSAでの検査がスタンダードになっているということです。

また、前立腺がんの物理的な検査方法は、肛門から直腸に超音波診断装置を入れて、前立腺を撮影する経直腸超音波検査があります。
さらに、前立腺ガンに関する遺伝子(HPC1遺伝子など)を分析し、その悪性度を治療前に予測する研究も進んでいるといわれています。



スポンサー


gion2275 at 20:33│Comments(0)TrackBack(0)clip!前立腺ガン 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。