前立腺ガン 治療

■前立腺がんの早期にはホルモン療法
前立腺ガンの治療は、早期ガンであればホルモン療法がもっとも有効だとされています。
前立腺がんは男性ホルモンによって成長が促されるため、それを抑えてガンの増殖を阻害しようとするものです。

具体的には女性ホルモンや抗男性ホルモンの投与、さらに下垂体に作用して男性ホルモンをいっきに放出させて男性ホルモンの量を低下させる薬剤投与などが行われます。
男性ホルモンの分泌を抑制することでガンの成長を止め、可能な限りがん細胞のアポトーシスを促すことを狙いとしていますが、一方では男性ホルモンのバランスが乱れるために副作用が起きてしまいます。
治療直後には悪心や嘔吐、心電図の異常などが発生し、顔のむくみ、胸の膨らむなどの女性化、インポテンスなどの症状が出てくることがあるようです。

前立腺ガンが進行しても転移していない場合には、前立腺の全摘出手術が行われます。しかし、半数以上の患者が性機能を失うという現実もあるようです。

■前立腺ガンの生存率
前立腺ガンの5年生存率は、ガンが前立腺の内部にとどまっている場合では70〜90%以上、前立腺の周囲に広がっている場合には50〜70%となっています。
しかし、リンパ節や骨、肺などに転移している場合にはホルモン療法と化学療法が唯一の治療法であり、5年生存率は20〜30%だといわれています。

前立腺がんはガン全体でみても比較的生存率の高いガンであり、ガンの進行自体もゆっくりとしていることから、高齢者の患者の中にはガン以外の原因で亡くなる人も多いといわれます。


スポンサー


gion2275 at 21:57│Comments(0)TrackBack(0)clip!前立腺ガン 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。