精巣(睾丸)ガン 原因

■精巣(睾丸)ガンとは
精巣(睾丸)ガンは男性の生殖器に発生するがんで、日本ではめずらしく10万人に1〜2人が罹る割合となっています。
男性のすべてのガンの1%を占める程度ですが、精巣ガンは乳児から高齢者まで世代に関係なく発生し、とりわけ生殖器の活動が活発な乳幼児期と思春期〜30代に発症率が高くなっています。

精巣(睾丸)ガンの95%は精巣の内部にある胚細胞のガン化によって発生し、それはまた「セミノーマ」と「非セミノーマ」に大別されます。
セミノーマは胚細胞が精子に分化する途中でガン化したものです。一方、非セミノーマは胚細胞が胎児や胎盤に分化する中で生じたもので、卵黄のう腫や胎児性ガン、奇形ガンなどがあります。
転移は非セミノーマがしやすく悪性度も高いとされていますが、どちらのタイプであっても抗がん剤の効果が期待できる癌だとされています。

■精巣(睾丸)ガンの原因
精巣(睾丸)ガンの原因ですが、非セミノーマ型である胎児性精巣ガンや奇形精巣ガンは、先天的な遺伝子異常が原因だといわれています。
また、科学的な裏づけはありませんが、おたふく風邪が精巣(睾丸)ガンを引き起こすというデータがあるといわれています。

かつて、外国の研究者が精巣(睾丸)ガンに関係するTGCT1という遺伝子を発見しています。
その発表によれば、母親から受け継いだX染色体にあるTGCT1遺伝子が変異している場合、異常のない男性の50倍の確立で精巣(睾丸)ガンを発症するとしています。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。