精巣(睾丸)ガン 検査と治療

精巣(睾丸)ガンは男性の生殖器に発生するがんで、日本人には非常にめずらしく10万人に1〜2人が罹る割合となっています。
男性のすべてのガンの1%を占める程度ですが、精巣ガンは乳児から高齢者まで世代に関係なく発生し、とりわけ生殖器の活動が活発な乳幼児期と思春期〜30代に発症率が高いとされています。

精巣(睾丸)ガンの95%は精巣の内部にある胚細胞のガン化によって発生し、それはまた「セミノーマ」と「非セミノーマ」に大別されます。
転移は非セミノーマがしやすく悪性度も高いとされていますが、どちらのタイプであっても抗がん剤の効果が期待できる癌だとされています。

■精巣(睾丸)ガンの検査
精巣(睾丸)ガンの検査は、泌尿器科で受けることになります。
医師は、まず睾丸のしこりや腫れなどを触診によりチェックします。触診によってガンの疑いがあった場合には超音波診断や血液検査などが行われます。
精巣(睾丸)ガンは腫瘍マーカーに反応しやすく、精巣(睾丸)ガン検査の重要な診断材料になっています。


■精巣(睾丸)ガンの治療
精巣(睾丸)ガンが発見された場合、セミノーマか非セミノーマかを診断判定することが重要だといわれます。セミノーマの場合は化学療法と放射線療法のどちらでも精巣(睾丸)ガンの治療効果が期待できますが、非セミノーマの場合には放射線が効果的ではないため治療法の選択が限られてしまいます。

精巣(睾丸)ガンの特徴のひとつが、転移するのが速いことです。そのため精巣(睾丸)ガンが発見されたら、すぐにでも精巣(睾丸)の摘出が必要となります。
精巣(睾丸)ガンは精巣を摘出することで完治する可能性がとても高く、5年生存率は95%以上といわれています。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。