肺がんで逝く、ハワイアンの女王「日野てる子」さん

スポーツニッポン等のニュースによると、「夏の日の想い出」などのヒット曲でハワイアンの女王として一世風びした日野てる子(ひの・てるこ、本名・一ノ瀬照子=いちのせ・てるこ)さんが9日午後11時35分、肺がんのため都内の病院で死去されたということです。享年は63歳。

5年前に肺がんの告知を受けましたが、最期まで愛くるしい笑みを絶やすことがなかったといいます。本人の遺志によりすでに密葬を済ませ、後日「偲(しの)ぶ会」が行われるとのことです。

入院中に容体が急変したのは今月9日。関係者によると、長女・トニカさん、長男・響さんら家族に看取られて眠るように息を引き取ったということです。

日野てる子さんに、最初に肺がんが発見されたのは、03年12月25日だったとのこと。風邪に似た症状があり、都内の病院で念のために精密検査を受け、医師は「肺がんです」と告知。たばこを吸わない日野さんにとっては、全く考えてもいないことだったといいます。
すぐに入院し、翌年1月には、転院先の病院で脳に5カ所転移していることを告げられたとのことです。摘出手術を受けて、一時は快方に向かったとのことですが、昨年、再びがんが見つかり入退院を繰り返している中での逝去でした。

若い人はご存知ないと思いますが、かつて「ハワイアンの女王」と異名を取った日野てる子さん。人気絶頂期には、テレビの歌番組を見れば日野てる子さんが歌っている光景があったものです。
63歳という若さで逝去された日野てる子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

■肺がん
肺癌(はいがん、Lung cancer)とは肺に発生する、上皮細胞由来の悪性腫瘍。
90%以上が気管支原性癌、つまり気管・気管支、細気管支あるいは末梢肺由来の癌です。
WHOの試算では、肺癌による死亡者数は全がん死の17%を占め最も多く、世界中で年間およそ130万人ほどが、肺ガンで死亡しているといいます。
日本では2005年の統計で、全がん死の19%を占め、男性では全がん死の中で最も多く、女性では大腸癌(結腸がんおよび直腸がん)・胃癌に次いで3番めを占めています。

肺がんについては、このブログの「肺がんとたばこ」をご参照ください

スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。