多発性骨髄腫の治療薬としてサリドマイド承認の動き

ニュースによれば、かつて胎児に多大な薬害を引き起こして販売が中止された薬剤「サリドマイド」について、厚生労働省の有識者検討会は、多発性骨髄腫(がんの一種)の治療薬として製造販売承認を申請した藤本製薬(大阪府)による安全管理策を了承したということです。
これにより、サリドマイドは、厚生労働省薬事・食品衛生審議会の分科会で承認される公算が大きくなったようです。

サリドマイドは、もともとはてんかん患者の薬として開発されたものですが、催眠性を持っていたことから、睡眠薬として発売されました。
昭和30年代半ばを中心に、妊婦のつわりや不眠症の改善のために使用されたことで被害者が続出し、昭和37年に全面禁止となっていました。

そのサリドマイドが海外で近年、がんの一種である多発性骨髄腫への効果が認められたのを受けて、国内でも未承認のまま医師が個人輸入して治療に使う事例が増えていました。
厚生労働省の審議会では、8月に安全管理策や市販後臨床試験の実施などを条件に「承認して差し支えない」との結論をまとめ、上部の分科会に諮っているということです。

かつて悲惨な薬害事件を引き起こしたサリドマイドですが、がんの一種である多発性骨髄腫の治療薬として、早ければ年内にも販売が再開される可能性があるみたいです。

果たして、サリドマイドがガンである多発性骨髄腫にどれだけ効果があるのか?臨床データを見る機会がないため現段階では不明ですが、その使用においてはくれぐれも細心の注意で臨んでほしいものです。


■多発性骨髄腫とは
多発性骨髄腫は、血液癌の一種であり、骨髄で腫瘍性形質細胞が増殖し、その産物として異常グロブリンである M蛋白が血液中に出現する。
治療法としては、MP療法(メルファランとプレドニゾロン)やCP療法(シクロホスファミドとプレドニゾロン)などの化学療法や、自家造血幹細胞移植などがあるが、治癒は一般的には困難であり、予後は望ましくない。
このため近年、欧米を中心に新規治療の開発がめざましく、サリドマイドやプロテアソーム阻害剤ボルテゾミブ(ベルケイド)が新しい治療法として注目されている。

            『(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』






スポンサー


gion2275 at 10:12│Comments(0)TrackBack(0)clip!多発性骨髄腫 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。