乳がん撲滅のためのピンクリボンキャンペーン

乳がんの撲滅や検診の早期受診を推進するために行われる世界規模のキャンペーン、「ピンクリボンキャンペーン」が始まりました。
日本人女性のうち、乳がんを発症する割合は約20人に1人と言われており、また、乳がんで死亡する女性の数は年間約1万人弱とされ、
乳がん撲滅のためのキャンペーンは年を増すごとに拡大しています。

日本でのピンクリボン運動が一般的に認知されるようになったのは、2000年10月に日本最大の乳がん患者支援団体である「あけぼの会」が東京タワーをピンク色にライトアップしたことがきっかけだといわれています。

その運動の規模は年を追うごとに急拡大しており、アストラゼネカ、アテニア化粧品、エイボン・プロダクツ、東京海上日動あんしん生命、ワコールなど、協賛する企業や市民団体は多くなり、Yahoo! JAPANやasahi.comといった日本を代表するポータルサイト、ニュースサイトでもピンクリボン運動が広く紹介されているようです。

乳がんの早期発見に欠かせないのは、定期的にセルフチェックを行うことです。
10月は乳がん月間です。乳がんを早く見つけ、治療につなげることの大切さを訴える「ピンクリボンフェスティバル」(朝日新聞社などが主催)が1日、始まりました。
これにあわせ、ピンク色にライトアップされた東京・新宿の東京都庁舎が夜空に浮か
び上がっています。
管理人の住む福岡においても、福岡タワーがライトアップされ、ピンクリボン運動の啓発・PRが始まりました。
神戸では、普段は赤い神戸ポートタワーや近くにあるホテルオークラ神戸、大観覧車がピンクにライトアップされ、ミナト神戸の夜景を鮮やかに彩り、 賛同する神戸市内のホテル、神戸市交通局などが10月を中心にオリジナル商品を販売してPRするとのことです。

◎川村カオリ(ミュージシャン)さん、乳がんの再発を告白
川村カオリさんは、 日本人の父親とロシア人の母親とのハーフとしてモスクワで生まれました。
1988年にデビューしミュージシャン、DJ、女優、モデルとして幅広く活躍していましたが、1998年に母親を乳がんで亡くし、川村カオリさん自身も2004年に乳がんと診断され左胸を摘出し、2005年に出版した自伝「Helter Skelter」で乳がんであった事を告白し話題になりました。
以来、乳がんとの闘病を続けてきた川村カオリさんですが、先日、乳ガンが再発したことを告白されました。
川村カオリさんの一日も早い快復をお祈りするばかりです。


スポンサー


gion2275 at 19:45│Comments(0)TrackBack(0)clip!乳がん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。