子宮がん 原因

子宮がんは女性が罹るがんの中では乳がんに次いで発症率の高いガンとなっています。
子宮は洋ナシを逆にした形で骨盤の内側におさまっています。そのうち上の部分を子宮体と呼び、下の細くなっている部分を子宮頸と呼びます。
子宮がんには子宮頸を覆っている粘膜にできる子宮頸ガンと子宮体の内側を覆う子宮内膜に生じる子宮体ガンがあります。

子宮頸ガンと子宮体ガンを比べた場合、近年では子宮体ガンが圧倒的に増加傾向にあります。
子宮がんの生存率は、すべてのガンの中では比較的高いものですが、その理由のひとつとして若年世代の検診が普及し、早期発見や早期治療が可能になったことが挙げられています。
現在、子宮体がんの5年生存率は平均で約85%くらいといわれています。
ただし、ガンが進行して手術が不可能な場合には、その生存率は著しく低下する傾向にあるようです。


■子宮がんの原因
子宮がんでも子宮頸がんと子宮体がんでは、発症のリスクは異なるといわれています。

◎子宮頸がんの原因
子宮頸がんの多くは、過去のセックス経験と関わっているといわれています。セックス経験の少ない女性で子宮頸がんを発症する女性は極めて少なく、逆に若いうちから豊富なセックス経験を重ねた女性はガンに罹る比率が高くなっています。
その理由として、子宮頸ガンがセックスを通じたウイルス感染で発症するためといわれています。

◎子宮体がん
子宮体がんは、動物性脂肪を大量に摂る欧米諸国に発症率が高くなっています。過去、日本では子宮体ガンの発症は低かったのですが、食生活の欧米化が進むにつれて子宮がんの中に占める子宮体ガンの割合が増加しています。
食生活の欧米化によって子宮体がんになるリスクが高まるのは、女性ホルモンのエストロゲンが関係しているといわれています。子宮体ガンは、エストロゲンに触れる時間が増えれば増えるほど発症率が高くなることが分かっていますが、脂肪はそのエストロゲンの分泌と大きく関わっています。


スポンサー


gion2275 at 23:34│Comments(0)TrackBack(0)clip!子宮がん 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。