卵巣がん

■卵巣がんとは…
卵巣がんは、どちらかといえば先進国の女性に発症が多いガンで、ここ10年くらいの間に日本でも卵巣がんの発症が目立つようになってきました。
はっきりとした根拠はありませんが、食事や生活様式の欧米化が日本でも進んだことによって、卵巣ガンが増えているのではないかと推測されているようです。

卵巣がんは、乳がんや子宮がんと比べて発。症率は低いのですが、進行してから発見されることが多いため生存率は高くないことが特徴となっています
卵巣がんは大きく分けて上皮ガン胚細胞腫瘍性索間質腫瘍の3つに分けられています。
上皮ガン卵巣の表面をおおう上皮細胞から発するガンで、早い段階から腹膜に転移することが多く、そこから肝臓やリンパ節へ達してしまい、治療が困難になることも多いといわれます。
ただし、同じ上皮がんといってもその悪性度は個々のガンによって大きく異なり、治療の難しい上皮ガンから転移や浸潤が見られずに完治の期待できるものまでさまざまな癌があります。

胚細胞腫瘍は、卵になる胚細胞がガン化することで生じます。
胚細胞腫瘍は卵巣がんの5%くらいで多くはありませんが、10代〜20代の若い女性に発症しやすいとされています。
しかし、現在では胚細胞腫瘍は反応しやすい化学療法が開発され、ある程度の進行があっても完治が期待できるようになっているようです。

性索間質腫瘍はホルモンを生産する細胞がガン化することで起こりますが、これも比較的若い年代の患者が多いようです。
卵巣がんは、全体の約9割を上皮ガンが占めているため、卵巣がん=卵巣の上皮がんということでご紹介していきます。


スポンサー


gion2275 at 23:44│Comments(0)clip!卵巣がん 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。