卵巣がん 検査

卵巣がんは、どちらかといえば先進国の女性に発症が多いガンで、ここ10年くらいの間に日本でも卵巣がんの発症が目立つようになってきました。
はっきりとした根拠はありませんが、食事や生活様式の欧米化が日本でも進んだことによって、卵巣ガンが増えているのではないかと推測されているようです。

■卵巣がんの検査
卵巣がんは、なかなか自覚症状が現れないため、早期発見が容易ではありません。卵巣がんの腫瘍マーカーもありますが、早期の場合では数値の上昇が見られない場合も多く、確かな診断が困難だといわれています。

現在、血液中の遺伝子を調べることで早期の卵巣がんを発見する手法が開発され始めているということですが、その検査に加えてCTやMRI、腹部エコー検査などを駆使して卵巣の状態が調べられています。

しかし、卵巣がんでは、これらの検査によって腫瘍が存在することがわかっても、その腫瘍が良性なのか悪性(ガン)であるかの判断は難しいものがあるといわれています。
そのため、臨床的にガンの疑いがある場合には卵巣の摘出手術を行ったうえで腫瘍の組織を調べ、良性か悪性の判断やガンの種類などを判定するのが主流となっています。

卵巣がんは、他のガンのように腫瘍に針を刺して行う組織検査を原則として行わないといわれます。
それは、卵巣がんは非常に転移しやすい性格があり、針を刺して組織を取ることは腹腔内にガン細胞を散らすことになるリスクが高いことを根拠としています。

卵巣がんの検査は容易ではなく、その診断にも慎重な判断が求められます。
卵巣がんは、発見時にはその多くが転移しており、生存率も決して高くないことが特徴となっています。


スポンサー


gion2275 at 23:17│Comments(0)clip!卵巣がん 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。