がん転移を体験して

先日、テレビを観ていたら、昨年に食道がんを患った俳優の藤田まことさんが「必殺仕事人2009」に出演し、中村主水役を演じていました。
食道がんといえばちょっと難治性の高いガンのひとつですが、「絶対に生還する」との信念を持って療養されたそうです。

さすが役者魂というところですね。中村主水は見事な必殺仕事人でした。
必殺仕事人は連続ドラマとしてオンエアされるとのことですが、藤田まことさん演じる中村主水の活躍に期待したいですね。
さて、今回もガンの転移についてふれたいと思います。

200812300936000








■ガン転移について
がん転移とは、がん(腫瘍)細胞が原発病変とは違う場所に移動して、そこで再び増殖し、同一種類のがん(腫瘍)を二次的に生じることとは前回お話しましたが、特定のがんは特定の臓器に転移するといった傾向を持っているといわれます。

例えば、大腸がんは肝臓へ転移しやすく、前立腺癌は骨に転移する傾向が見られる。そして女性の胃癌は卵巣に転移することが多いとされています。


■がん転移の経路
◎リンパ行性転移
リンパ流に沿って転移するものをリンパ行性転移と呼びます。
口腔癌では顎下リンパ節、乳癌では腋下リンパ節といったものがこれに該当し、順行性転移とされています。

◎血行性転移
血流に沿って転移するものを血行性転移と呼びます。癌腫よりも肉腫に多いのが特徴で、血管壁の薄い細静脈や毛細血管に侵入しやすく、壁の厚い動脈へは少ないということです。

◎播種
播種は、腹腔や胸腔といった体腔へ漿膜を突き破った腫瘍から腫瘍細胞が、他の漿膜面に移植されて転移するものと定義づけられています。
このためガン性の腹膜炎や胸膜炎が発生することが多く、胃癌では胃の印環細胞癌が卵巣へ転移したり、直腸子宮窩への転移が知られています。

■転移がんの治療
転移がんの治療では化学療法をはじめ、放射線療法、生物学的療法、ホルモン療法、外科手術、レーザー免疫療法など多彩な治療法が単独もしくは複合的に採用されています。

転移がんの治療法の選択は原発がんの種類、サイズ、転移場所、患者の年齢や健康状態、そして以前に実施された治療法の履歴によって異なります。
それだけに医療スタッフは、常にベストな治療法の選択に厳しい判断を迫られることになりますが、それだけに医療スタッフと患者の信頼関係が大切になります。


スポンサー


gion2275 at 22:22│Comments(0)clip!がんの転移・再発 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。