皮膚がん 検査


紫外線が日焼けを起こし、お肌のシミやシワの原因でもあることは知られていますが、場合によっては皮膚がんを引き起こすこともあるので注意が必要です。
ここ数年、紫外線が以前よりもかなり強くなっているといわれています。外出時には帽子を被ったり、白いシャツを着用するなど紫外線対策を行うようにしましょう。

■皮膚がんの検査と診断
皮膚ガンが疑われる代表的な症状が、皮膚にできた潰瘍やその治りが遅い場合です。また、ほくろが大きくいびつな形となっていて、赤褐色もしくは褐色に盛り上がっている場合や出血が見られる場合、指で触るとしこりのように感じられる場合なども皮膚ガンが疑われます。

これらの症状が見られた場合には、確実な診断を下すために病理組織検査(いわゆる皮膚生検)が行われます。
病理組織検査は局所麻酔を使い、皮膚ガンが疑われる場所の一部(メラノーマの場合は全体)を標本として切り取り、顕微鏡で確認するというものです。

病理組織検査によって皮膚がんであると診断された場合は、ガンが周辺の組織にまで広がっているか否か、転移の有無などをより詳しく調べるために、再び病理組織検査が行われることもあるようです。

また、病変部近くのリンパ節を切除して転移の有無を調べたり、CTなどの画像診断装置を使ってしてさらに詳しく検査を行い、その結果に基づいて以後の皮膚ガン治療の方針が決められていきます。

前述したように皮膚ガンと紫外線は深い関係にあります。春から秋にかけての紫外線が強い時期には、必要以上に紫外線に当たらないようにすることが大切です。


スポンサー


gion2275 at 22:57│Comments(0)clip!皮膚がん 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。