皮膚がん 治療

200812121001000








紫外線が日焼けを起こし、お肌のシミやシワの原因でもあることは知られていますが、場合によっては皮膚がんを引き起こすこともあるので注意が必要です。
ここ数年、紫外線が以前よりもかなり強くなっているといわれています。外出時には帽子を被ったり、白いシャツを着用するなど紫外線対策を行うようにしましょう。

■皮膚がんの治療
皮膚がんの治療は、メラノーマ(悪性黒色腫)以外である基底細胞がんおよび有棘細胞がんに対しては、がんの完全治癒を目指した治療が施されます。
というのも、これらの皮膚ガンの治療は初期の段階で取り組むことができればほぼ100%近くの5年生存率が期待できるとされ、さまざまな治療法が採用されています。

その皮膚ガンの治療法の代表的なものとして顕微鏡下手術や凍結治療、レーザー手術などがあり、できるだけ手術後の外見にも配慮された治療法が選ばれているようです。

しかし、極めて悪性が強いとされるメラノーマの場合には、がんの広がりや性格を見極めながら慎重に治療法が選択されます。
メラノーマは急速に広がる性質を持ち、がんの発生した部位の周囲に別のがんを生じていることが多く、そのため検査を兼ねて患部とその周辺を広く切除して詳しく調べ、化学療法や放射線療法、そして場合によっては免疫療法などが試みられます。

メラノーマが患部近くのリンパ節まで広がっている場合には5年生存率が低くなり、臓器への遠隔転移をしている場合には、良好な予後を望むのは厳しいといわれているようです。

ただし、稀なケースながらメラノーマは自然治癒するガンでもあり、それは患者の免疫力と深い関係にあるとされ、免疫機能を引き出す「がんワクチン」の開発や治療に注目が集まっています。


スポンサー


gion2275 at 21:08│Comments(0)clip!皮膚がん 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。