大腸がんに分子標的薬登場―最新がん治療―

先日、ある報道で大腸がんの増殖と深い関係のあるたんぱく質を攻撃して、大腸がんの縮小や増殖防止に効果が期待できる分子標的治療薬が登場したと紹介されました。

がんの分子標的治療薬とは、ガンの分子を狙い撃ちして増殖や転移などを抑え、がんを治療することを目的とした薬です。

これまでの抗がん剤が細胞傷害を狙うのに対し、分子標的治療薬の多くは細胞増殖に関わる分子を阻害します。
またがん細胞に対して効果を示すことが期待できるため、薬の投与量も最小有効量でよいとされ、副作用の少ない薬剤であると期待されています。
ただし、分子標的治療薬の副作用については未知数な面もあるということです。

大腸がんは早期であれば内視鏡や開腹手術で完治が期待できますが、進行した大腸がんの場合や再発の大腸がんの場合で切除が困難なケースでは、抗がん剤による治療が選択されています。
そこで大腸がんの新たな治療薬として注目されているのが、セツキシマブと呼ばれる分子標的治療薬です。
このセツキシマブは、大腸がんの多くにある細胞の増殖や新しい血管をつくる際に働くたんぱく質に結合し、増殖などをブロックする働きがあると言われています。

分子標的治療薬であるセツキシマブは効果が期待できる反面、発疹やアレルギー反応などの副作用も報告されているそうです。

国内ではまだ治験症例が少ないことから、その使用は現在のところ緊急の対応ができる医療機関に限られているということですが、大腸がん患者にとっては希望の灯であると言えそうです。


スポンサー


gion2275 at 11:07│Comments(0)clip!最新がん治療 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。