抗がん剤治療の専門家が足りない!

200812300936000







■待たれる抗がん剤治療専門家の育成
大学病院やがんセンターなどの限られた医療機関には腫瘍内科が設けられていますが、がん患者への抗がん剤治療は、手術を担当した外科医が行っているのが現状だといわれています。
手術や放射線が局所療法であるのに対し、化学療法である抗がん剤治療は全身療法です。

身体全体の様子を管理しながら抗がん剤の選択や組み合わせをする必要がありながら、外科医による抗がん剤治療が一般的になっているという背景には、抗がん剤治療を専門とする医師や看護師、薬剤師の不足が挙げられます。

では、なぜ抗がん剤治療の専門家が足りないのでしょうか。「日本の医学教育が臓器別の縦割りであり、がん全般の抗がん剤治療を行う内科医を育成するシステムが整っていないからだ」という指摘があります。

抗がん剤治療には、高度な専門知識に加え、臨床経験から来る確かな技術が求められます。
事実、ある癌センターでは、抗がん剤に精通した専門医や看護師、薬剤師によるチームがあり、他科の医師とも連携し、副作用を管理しながらより効果的な抗がん剤治療を行っている事例もあります。

文部科学省も「がんプロフェッショナル養成プラン」なるものをスタートさせ、大学の人材育成の支援に取り組んでいるようです。しかし、大学の人材育成を待っていては時間がかかりすぎます。

がん治療に情熱を持つ外科医や内科医、薬剤師などに専門的な研修を実施し、臨床の場で生かせるような制度をよりいっそう充実させてほしいと思います。

がんに対して高度な治療を行うある病院で大腸がんに対する抗がん剤治療の研修を行ったところ、受講していた外科医は「これまでは副作用が怖くて標準量の半分しか投薬できていなかった」と話し、講師は「それでは副作用しか出ない場合がある」と指摘したというエピソードがあります。

がんは決して特別な病気ではなく、国民病ともいえるほど患者は増加の一途です。
そのなかで的確な治療させ受けることができたら死なずに済んだはず…。という例も少なくないとも耳にします。
一日も早く、そして一人でも多くのがん治療の専門家の育成を望みます。


スポンサー


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。