がんの転移・再発はなぜ起きるのか?

癌が他の病気と異なるのは、転移や再発の可能性を持った病気であることです。
管理人自身もがんの転移を経験しています。今も再転移が気になる毎日ですが、できるだけ心穏やかに過ごすことを心がけながら、定期検査に足を運んでいます。

◆ガンが残っているために起こる転移・再発
がんの治療を受け、症状がなくなった後に再びガンが出てくることを再発と呼びますが、癌が同じ場所に出てくることを局所再発、他の場所に出ることを転移、もしくは遠隔転移といいます。

他の場所に出てくるのは、がん細胞がリンパ液や血液に乗って移動するためだといわれています。

最初の治療で癌が完全になくなっていれば転移や再発は起こりません。
しかし、手術などでがん細胞を取り除いたと思っても肉眼では見えない微小な癌が残っていることがあります。
それが時間の経過とともに大きくなり、再び現れるというわけです。

転移・再発したガンは、最初のがんと比べて完治の可能性が低くなると一般的に言われています。
それは局所再発ではなく、転移がんの場合にその傾向が強いといわれますが、これはすでに癌細胞がリンパ液や血液の流れに乗っているということで、再び癌が発生する可能性が高いことになります。


抗がん剤を使ってがん治療を行った後、しばらくして再発した場合、ガンは最初に使った抗がん剤に対する耐性を持っていますから同じ抗がん剤を使うことはできないとされています。

抗がん剤は使用する回数が増えるにつれて効果は低下し、逆に副作用が強くなる傾向があります。このことは放射線でも同じことが言え、照射量が増えれば副作用が強くなるため治療には限界があります。


たとえ転移がん・再発がんであっても集学的治療や新しい薬剤や治療法の開発が進み、完治のための治療も積極的に行われるようになっています。
そのため、がんの転移・再発でも希望を持って治療を受けることが大切です。



スポンサー


gion2275 at 18:01│Comments(0)clip!がんの転移・再発 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。