がんの温熱療法

がん治療には手術をはじめさ分子標的療法などのさまざな治療法が開発されてきましたが、「がんの温熱療法」について知りたいというお声をいただきました。
そこで今回は、がんの温熱療法について少しご紹介したいと思います。

■がん細胞は42.5℃以上の温度で壊死する
がんの温熱療法とは、がん細胞が42.5℃以上の温度で壊死することを利用してがん治療に役立てようとする方法です。
がんの温熱療法は化学療法や放射線療法と併用することで、より効果が期待できるとされ、がんの集学的治療のひとつとして健康保険も適用されうようになっています。

がん温熱療法は進行がんや転移・再発がんの治療に適応される
がんの温熱療法の多くは、外科的手術が不能な場合や化学療法や放射線療法によって完治が期待できない場合に採用されます。
具体的には極度に進行した癌や転移・再発がんで、他に効果的な治療法がない場合に癌の縮小効果や延命効果、あるいは痛みの緩和やQOLの改善のためなどの緩和治療の中心になります。

がん細胞は正常細胞に比べて温度変化の感受性が強く、がんの温熱療法を採用した際に正常細胞の血流は増加しますが、ガン細胞は逆に血流の低下が起こります。この血流が定価することで熱の逃げ場がなくなり、がん細胞は殺傷されるというわけです。

がんの温熱療法は化学療法や放射線療法と併用した場合に高い効果が得られるとされ、とりわけCDDPや5−FUに代表される進行・再発がんによく使われる抗がん剤と併用することでガン細胞内の濃度が高くなり、効果が増強されるといわれます。

また放射線療法はがん細胞の分裂期には著しい効果を見せますが、DNAの合成期の細胞には効果が期待できません。しかし、がんの温熱療法と併用することで互いに補い合ってがん細胞の殺傷効果が高まるとされています。


スポンサー


gion2275 at 12:32│Comments(0)clip!がんの治療方法 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて■Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。

2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。

3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。

■ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。

ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。

■Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。

ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。

■第三者配信による広告サービスについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。